堺刃物ホーム
トップページへ
堺刃物・組合からのお知らせ
堺刃物について
堺刃物ミュージアム
連合会紹介
HP協賛企業リンク集
よくある質問
お問い合わせ
リンク集
サイトマップ

堺打刃物・堺刃物
商標について

堺刃物商工業協同組合連合会

〒590-0941
大阪府堺市堺区
      材木町西1丁1番30号
堺伝統産業会館2階

TEL: 072-233-0118
 
モバイルサイトは
一部の機種では、閲覧することは出来ません。
 
title
title
  
和包丁のできるまで−研ぎ編
和包丁のできるまで−研ぎ編
和包丁のできるまで−研ぎ編
和包丁のできるまで−研ぎ編和包丁のできるまで−研ぎ編
和包丁のできるまで−研ぎ編
和包丁のできるまで−研ぎ編和包丁のできるまで−研ぎ編
 
(1)荒研ぎ・歪みとり・平研ぎ (2)バフあて・歪みとり・タガネ入れ
木製の型に包丁をはめ、鉄のハンドルを利用したテコ の応用により粗い目の回転研石で全体を荒く研ぐ。刃先の肉を落としていき、角度を決める。 木の台の上で、ゆがみを調整する。 また木型にはめ、包丁の平面を研ぎ進め厚さを決める。砥石でついた荒い目を、バフをあてて細かくしていく。金床の上でタガネをいれ、ゆがみを取って、均等に砥石が当たるように修整していく。

(3)本研ぎ・刃ひき・歪みとり (4)裏研ぎ・バフ・刃あて・バフ
包丁の刃先を研ぎ、刃をつけていく。刃ひきしながら仮の刃をつけておき再度、ゆがみをならす。 鍛冶ですいた裏をさらに研いできちんとした形にくぼ みを整える。バフを当てて目を細かくし、刃をさらにうすく研ぐ。(刃あて) さらに、120番、220番のバフで目を細かくしていく。

(5)木あて・歪みとり・際引き (6)ボカシ・小刃合わせ・水拭き
木製の回転木砥で「目」をとおしていく。金剛砂を包丁に塗り付け、木砥にあて、きめ細かな裏面にする。その後、ゆがみを修整し、しのぎ筋を際立たせる為、型枠にはめしのぎ筋にそって木片(樫の木など) で摺りつける。 砥石の粉をねって泥状になったものをゴム片につけて切刃の部分をこする。これにより軟鉄の部分がくもり、刃金部分は、さらにつやが出て刃紋(刃境)がくっきり浮き出る。そして最後に目の細かい砥石で刃先を研ぎ上げ、かえりなどをとり、切れ味よく仕上げる。

(7)油ひき・柄付け
水をよく拭き取り、錆び止めの油ひきをして最後に柄をつけ箱に入れて完成。
 
お問い合わせは堺刃物商工業協同組合連合会まで

堺刃物歴史 産地紹介 堺観光紹介 伝統的工芸品の紹介 刃物の種類 製造工程
ページトップへ▲

Copyright c Federation of Sakai Cutlery Commerce and Industry Associations All Rights Reserved.